看護師の休暇

看護師の休暇は、昔とは違い92年に国家公務員に対して完全週休二日制が導入されたことにより、週に2回休暇を取る事ができるように変わってきています。

看護師の休暇は、現在は完全週休二日制が導入されていますが、病院によって休暇は違ってきます

とはいえ、公立病院や民間病院の半数近くは、看護師でも完全週休二日制で休暇を取る事が出来るようになりました。

看護師と言えば、休みがない職業として有名な仕事でしたが、完全週休二日制で仕事をしている看護師は現在では70%近くまで増えてきています。

看護師の休暇が多くなってきたことがわかります。

有給休暇はあるのか?

看護師でも有休休暇ももちろんありますし、育児休暇や介護休暇も看護師の休暇として認められています。

有休休暇は1年目で年間10日、翌年から1日づつ増えて年間20日までと決められています。

また、看護師の仕事は1人休むと他の看護師にかかる負担が非常に重い事から急な欠勤の場合には、勤務を替ってもらう事が出来るのも看護師の勤務では常識となっています。

求人を探している方はこちらの記事もおすすめ

本当に満足できる看護師求人サイトはこちらの3社だけ

www.anzfss2010.com

看護師の転職方法【サイト登録から就職までの流れ】

www.anzfss2010.com

関連記事

ピックアップ記事

はじめての看護師求人サイトの登録方法を解説!

好条件の募集は非公開求人に固まっている 看護師の求人サイトを運営している会社は、サイトの登録者にしか公開してくれない非公開求人の募…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る