大学病院へ転職し中途入社をした新人時代の事

短大時代実習していた大学病院へ転職

県立病院の手術室を辞めて、新人の身ながら大学病院へと中途入社しました。そこは、短大時代に実習に行っていた病院です。

なので、同級生が沢山働いていたし、院内のことも知っています。周辺の土地勘もありましたので、大きすぎる不安にかられることはありませんでした。

人間関係だけが不安でした

今思えば、どこからそんな自信が沸いてくるのかと思うくらい、自信にも満ち溢れていました。何か不安があると言えば、人間関係でした。

先輩達は優しいだろうか、きちんと教えてくれるだろうか、1年目から転職してきた私を受け入れてくれるだろうか。

やはり、仕事自体に関する不安よりも、人間関係への不安は付き物ですよね!

実際に入職してみると、病棟の構造を知っているとは言え、学生の身分とは違う訳ですから大変でした。一つ一つ覚えていくことが沢山あるし、先輩達も私がどこまで出来るのか分からず戸惑っている姿が見られました。

手術室の時とはまた違う仕事内容

病棟から病棟への転職ならまだしも、手術室からの転職だったので出来ないこと・慣れないことが多かったのも事実です。記録物を書くのも学生以来でした。

最初はノートを渡されて、それに一度書いてから上司に見せて、OKが出れば記録用紙に書くというステップを踏んでいました。厳しくチェックする先輩や、ちょっと見てOKを出す先輩など様々でした。

でも、やる気はもちろんあったので、日に日に仕事は覚えていき毎日楽しかったです。凄くやり甲斐を感じられましたし、充実した看護師生活を送れていました。

中途という事で苦労もあったけど充実していた

やはり病棟勤務は楽しくて、転職してきて良かったな~と実感することが多かったです。ただ、元々いた同級生の同期と比べると、中途の私は出来ないことが多い。また、先輩との親しさも私とは違う。

それは今思えば当たり前のことですが、何だか疎外感・孤独感も感じてしまいました。

でも、私も同級生に追いつくくらい頑張ろう!と、奮起できる要素でもありました。そうやって、中途入社を日々謳歌していました!

求人を探している方はこちらの記事もおすすめ

本当に満足できる看護師求人サイトはこちらの3社だけ

www.anzfss2010.com

看護師の転職方法【サイト登録から就職までの流れ】

www.anzfss2010.com

関連記事

ピックアップ記事

はじめての看護師求人サイトの登録方法を解説!

好条件の募集は非公開求人に固まっている 看護師の求人サイトを運営している会社は、サイトの登録者にしか公開してくれない非公開求人の募…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る